カワイイ動物CMシリーズ!
今回はミーアキャットのCMです。
ミーアキャットは私の好きな動物ベスト3に入るくらい好きなんですが、そのカワイイ見た目に反して主食がクモ、サソリと知ってギャップに驚きです。
でもペットとして飼われることもあるのだとか。
エサを調達するのがとっても大変そうですが、飼ってみたいですね!

ミーアキャットとは

ミーアキャット(Suricata suricatta)は、動物界脊索動物門哺乳綱ネコ目(食肉目)マングース科スリカータ属に分類される食肉類。本種のみでスリカータ属を形成する。別名スリカータ。
形態[編集]
体長25-31センチメートル。尾長17-25センチメートル。体重0.6-1キログラム。背面は長く柔らかい体毛、腹面はまばらに短い体毛で被われる。背面の毛衣は黄褐色や灰褐色や灰白色で、10本の暗褐色の横縞が入る[1][2]。顔や喉の毛衣は灰白色[1]。眼の周囲や耳介、鼻の毛衣は黒い。尾の毛衣は黄褐色で、先端が黒い。
歯列は門歯が上下6本、犬歯が上下2本、小臼歯が上下6本、大臼歯が上下4本で計36本。指趾の本数は4本。前肢の爪は長く、後肢の爪の2倍以上に達する。
オスにのみ肛門の周辺に臭腺(肛門腺)がある。乳頭の数は6個。
分類
Suricata suricatta iona Cabral, 1971
Suricata suricatta marjoriae Bradfield, 1936
Suricata suricatta suricatta (Erxleben, 1776)
生態
石や岩の多い荒地やサバンナに生息する。昼行性。地中に直径10センチメートルの巣穴を掘って生活する。ペアもしくは家族群で生活し、複数の家族群が一緒に生活することもある。
食性は雑食で、昆虫、クモ、サソリ、多足類、爬虫類、鳥類、小型哺乳類、植物の茎、芽、根、果実などを食べる。
繁殖形態は胎生。10-翌4月に交尾を行い、妊娠期間は11週間。1回に2-5頭の幼獣を産む。授乳期間は4-6週間。幼獣は生後12-14日で開眼し、生後10週間で独立する。生後9か月で性成熟する。
群れには一組の優位オスと優位メスがいて、このペアのみが繁殖活動を行う。群れの他のメンバーは基本的に繁殖をせず、ヘルパーとして子守や授乳を行う。また、ヘルパーが幼い子供達に餌の捕り方を教育するという行動が観察されている(Thornton A. et al., Science 313, 227-229 (2006))。
人間との関係
狂犬病の媒介者として駆除されることもあるが、ペットとして飼育される事もある。
映画『ライオン・キング』のティモンのモデルとなっている。