docomoのCMって、映像だけでなく耳に残る曲が多い気がしませんか?

特にこのCM。
気になってしまった人も多いのではないでしょうか。

感情のすべて_男女篇

iPhoneでやり取りしている男女2人が、気持ちを剥き出しにしたり、相手にぶつけたり。

「若い感情のすべてと。」という締め括りの言葉も何だかぐっときてしまいますよね。

このストーリーの結末も気になる所ではありますが、流れている曲が気になっている人も多いはず!

この曲を歌っているアーティストとは?

ONEOKROCK
ONE OK ROCKです!

今さら説明する必要もない大人気バンドですが、このCMで初めてワンオクを知った方のために言っておくと、映画「るろうに剣心」全シリーズの主題歌を担当したのがこのバンドです。

幅広い年代のファンを持つワンオクですが、
日本のみならず、アメリカのロックフェスへの出演やヨーロッパでもツアーを行うなど、海外でも高い評価を受けています。

ヴォーカルTakaの絶大な存在感

null
ワンオクの魅力といえば、楽曲の格好良さはもちろんですが、やはりヴォーカルTakaの強力な存在感ではないでしょうか。

この容姿からすると、一見女性ファンが多いのかと思いきや、そうでもないんです。

有名ヴォーカリストも認める歌唱力

null

Takaは多くの洋楽ファンや、
音楽雑誌のライターから評価を受けていますが、活動休止中のバンドELLEGARDENボーカルであり、the HIATUSでも活躍中の細美武士から、こんなことを言われています。

「ヴォーカリストとして尊敬してる。はっきり書いといてもらっていいいけど、俺が知ってる日本のヴォーカリストの中で一番うまいと思う。」
とTakaの実力を大絶賛しているんです!

さらに「Takaに負けじと歌を猛特訓した」とも語っています。
あの細美にここまで言わせるなんて、本当にすごいです!

Takaのプロフィールがすごい

ご両親は森進一・森昌子夫妻、自身もアイドルグループNEWSの元メンバーというのは有名な話です。

元アイドルだったとは、ギャップのすごさにかなり驚かされますが、あの歌唱力やパフォーマンス力の高さは、育った環境から自然に身についたと思うと納得できます。
童顔な顔立ちですが、何となく貫禄を感じてしまうのも、エンターテイメントの世界での経験が長い事もありそうですね。

英語の発音が綺麗!

そして、すごいのは歌唱力だけではなく、
英語の発音についてもです。
ワンオクの楽曲は歌詞が英語の場合も多く、
Takaの発音が非常に綺麗なので、洋楽アーティストと聞き間違えた方もたくさんいるでしょう。

ただ、Takaには留学経験がないそうで、ネイティブに近い発音を、独学で身につけたというから驚きですよね。

iPhone「感情のすべて」シリーズは全曲ワンオク

さてさて、CM曲の話に戻りましょう!
iPhone「感情のすべて」シリーズは、すべてワンオクの曲が使われています。


バラードから激しい曲まで、幅広いパターンがあるのもワンオクの魅力なので、若者の感情を音楽で表現するには適任だったかもしれませんね!
他のCM曲もめちゃくちゃ格好いいので、ぜひ視聴してみて下さい。

「感情のすべて_男女篇」で使用された曲

冒頭でご紹介した「感情のすべて_男女篇」では、「cry out」という曲が使用されています。「35xxxv」というアルバムの収録曲ですが、
PVもあるのでチェックしてみて下さい!

ONE OK ROCK_「cry out」

「感情のすべて/家族篇」で使用された曲

ONE OK ROCK_「Wherever you are 」

「感情のすべて/仲間篇」で使用された曲

ONE OK ROCK_「Always Coming Back」

どの曲も本当に格好良い!!
ワンオクの今後の活躍にも注目しましょう!

CM使用曲には名曲が多かったり、CMで使用されるためだけに作られた、オリジナル曲もあったりするんです。

何気なく目にしているCMでも、耳から全然離れない!気になっても曲名やアーティストがわからない!なんていうことが、誰でも一度はあるはずです。

そんな人のために、TVCMギャラリーでは
たくさんのCM曲を紹介していこうと思います!